若い方にも多い逆流性食道炎について知っておこう

医者

大腸がんなどの予防

大腸がんなどの内臓系のがんにはエクオールという物質が有効的とされています。しかし、こうしたものを積極的に取り入れてもなってしまうことがあるので健康診断なども行なう必要があります。

相談

肺がんの脅威

肺がんは血液を運ぶ心臓の近くにある肺にできてしまう癌です。またこの癌は全身に転移しやすい癌としても有名で、早期発見が重要な病になっています。肺がんにならないようにも健康診断はしっかり受けましょう。

逆流性食道炎

カウンセリング

急に吐き気を感じたり、朝起きた時に胃もたれなどがある場合には逆流性食道炎の可能性があります。この病気は食道に炎症を起こす病気になりますが本来、胃と食道には逆流を防ぐための弁があります。しかし、暴飲暴食や胃腸が弱ったりするとこの弁の働きが衰え、胃液が逆流してしまうことがあるのです。その逆流した胃液により食道が炎症するから逆流性食道炎という名になっています。逆流性食道炎は主に30代から40代に起こりやすい病とされていますが、最近では若い方も症状が現れているとされています。この病の特徴として何でもない時や急に吐き気を感じることがあったり、基本的に朝や就寝時横たわった時に胃もたれで気持ち悪くなってしまうことがあるのが特徴とされています。
この病気になると食欲の低下にも繋がり、体重が落ちることがあります。また酷い場合には胃液が食道だけでなく喉を傷つけてしまうため声が出にくくなってしまうこともあるのです。この病を治すには内科の受診がベストです。内科では胃カメラやエコー検査などを行なって食道の炎症具合を調べることもでき、また胃液の逆流を抑える効果がある処方箋を出してくれます。また、逆流性食道炎の症状を緩和させるためには極力、胃に刺激を与えない食べ物を摂ることがいいです。消化にいいものや油ものを避けるといったものです。その点に関してはしっかりと内科の先生に相談をして治療することで改善されていきますが、基本的に症状が激しくなければ1ヶ月で治ることもあります。

医者

日頃の健康管理

すい臓がんという病は初期症状が見逃されやすいことから気づいた時には大きくなっていることが多いとされている病です。また癌という名がついているため転移の恐れもある重大な病なのです。